インプラント

インプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を固定することで自分の歯とほとんど同じ見た目と機能を取り戻す治療法です。

インプラントは顎の骨に直接取り付ける治療のため、部分入れ歯のように食べた時に感じる違和感が軽減され、自分の歯と同じように食事をすることができます。
ただし、全身疾患がある方や、服用しているお薬などによっては治療が難しいこともあるため、事前にご相談ください。

インプラントのしくみ

インプラント

人工の歯(上部構造)

金属・ハイブリット・セラミックなどの材料で作られます。

インプラント(人工の歯根)

ネジのような形をしています。現在はチタン製が主流です。
チタンは生体との親和性が高く、あごの骨と直接しっかりと結合します。
そのため、ひとたび結合したインプラントは自立し、持続的な使用が可能となります。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット

元の歯の機能を取り戻し、ご自分の歯と変わらない感覚へと回復させます

歯を失ったコンプレックスが解消され、自信や積極性が回復します

色・形ともに自分の歯と変わらず、自然で美しい見た目を取り戻します

金具などの使用がなく、治療時に歯を削ることもないため、自分の歯の保護に繋がります

付け外しの必要がなく、自分の歯と同じように歯磨きすればいいため、お手入れが簡単です

デメリット

外科手術が必要となります

診査の結果、インプラント治療を行うことのできない場合があります

一般的な入れ歯やブリッジに比べて治療費が高額になります

インプラント治療の流れ

まずはご予約下さい

  1. 1検査

    検査

    まずはレントゲン等の検査を行います

  2. 2治療計画立案・提示

    治療計画立案・提示

    検査結果を元に診査・診断を行い、治療計画を立案しご相談の上決定します。

  3. 3サージカルガイドの作成

    サージカルガイドの作成

    治療計画を元に、正しく安全にインプラントが埋入できるよう、オリジナルのサージカルガイドを作製します。

  4. 4インプラント手術

    歯が抜けた所へ人工歯根を埋め込み、3~6ヶ月の間インプラントがあごの骨に定着するまで待ちます。

  5. 5インプラント手術(二次手術)

    インプラント手術(二次手術)

    骨とインプラントが結合して安定したところで、インプラントと歯冠の連結部分(アバットメント)を装着する二次手術を行います。

  6. 6仮歯の装着

    仮歯の装着

    最終的な人工歯冠を装着するまでの間、仮歯を装着するため快適に過ごすことができます。

  7. 7最終上部構造の装着

    最終上部構造の装着

    仮歯が問題ないと確認したのち、歯の型を取り、人工歯冠を製作しインプラント部分に装着します。

【画像協力】 ストローマン・ジャパン WEBサイトはこちら

医療費控除について

インプラントは保険適用外(自由診療)のため治療費が高額となります。しかし治療費は医療費控除の対象となるため申告すれば治療費の一部が戻ってきます。詳しくはお問合せください。

医療費控除はこちら

戻る