一般歯科

一般歯科

一般歯科では虫歯や歯周病の治療、歯の欠損部の補綴が主な治療です。歯が痛い、冷たいものや甘いものが歯にしみる、歯ぐきから血や膿が出る、歯が欠けてしまったなどの症状があればご相談ください。

虫歯治療

虫歯治療

虫歯とは

健康な状態の口腔内では「脱灰」(歯のエナメル質が溶け出すこと)と「再石灰化」(脱灰を修復する反応)の力は拮抗していますが「脱灰」の力が強くなったり、「再石灰化」の力が弱くなったりと両者のバランスが崩れた時に、脱灰が進み(再石灰化が追い付かなくなり)歯が溶かされ、虫歯ができてしまいます。

虫歯には進行の段階がありますが、できる限り初期の段階で治療を行うことが先決です。 長く自分の歯を保つために段階に応じた治療を行いましょう。

虫歯の段階と治療法

ごく初期の虫歯

ごく初期の虫歯

表面が白っぽく見える、ごくごく初期の虫歯です。まだ歯に穴が開いていない状態です。
虫歯抑制効果のあるフッ素とキシリトールによって、歯を再石灰化させることで改善を行います。

エナメル質の虫歯

エナメル質の虫歯

表面の硬いエナメル質に穴があきます。自覚症状はありません。
菌に浸蝕された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補います。

象牙質の虫歯

象牙質の虫歯

歯の内部(象牙質)部分まで穴があきます。冷たい水がしみるようになります。強い痛みはありません。
麻酔を使い、削り型を取って、詰め物をする治療になります。

神経に達した虫歯

神経に達した虫歯

虫歯が神経に到達し、強い痛みを感じるようになります。
麻酔を使い、歯を大きく削り、そこに被せ物をします。神経を抜く必要がある場合もあります。

歯根に達した虫歯

歯根に達した虫歯

歯の神経が破壊されて細菌に汚染し歯の根の先に膿がたまります。根の先の膿を取り除く治療(感染根管治療)を行い、保存不可能の場合は抜歯をする必要があります。

戻る